<< 夕方ご来店のお客様と一緒に志摩へ遠征しました | main | 熊野市まで遠征しました >>
2018.03.03 Saturday

2018年のCP+に行ってきました

0

    3月1日、2018年のCP+に行ってきました。
    毎年開催される光学メーカーの大きな発表会です。
    望遠鏡メーカーは少ないですが、今年もお取引先のケンコートキナ、ビクセン、サイトロンジャパン、コーワ、トミーテック社などが参加されていましたので、一度に皆様にご挨拶できるいい機会とプレスタイムにお邪魔してきました。

     

     

    メーカーによっては新商品のお披露目だけでなく、ユーザーの反応を直に拾えるので、企画中、開発中の商品を参考出品しています。去年ビクセンが参考出品していたFL55SSがようやく発売されるようです。さそり座の星雲が撮れるうちに発売してほしいものです。残念ながら去年一緒に出ていたR200SS-PROやR250SSは販売価格が折り合わず製品化はされないようです。

     

    今年は話には聞いていたSX、AXJ赤道儀用のカーボン三脚が出品されていました。
    重い鏡筒を載せてもいいものか不安な感じはありますが、20cmクラスなら全く問題ないようです。発売はされるようですが、時期はまだ未定とのことです。

     

    カーボンと言えばコーワのハイランダーが載っていたカーボン三脚も魅力でした。
    コンパクトで取り回しがよさそうです。

     

    望遠鏡が目立って展示されていたのはケンコートキナ社のブース。

     

    SE250や大口径ミードが並んでいて迫力でしたが、手前に置いてある経緯台が気になります。SE120まで載るといいのですが。

     

    サイトロンジャパンのブースでは既に今年のカタログに載っているスカイウォッチャーの新商品が置いてありました。

     

    AZ-GTiはスマホやタブレットで動くのですが、ほぼSynScanコントローラーと同等の機能が使えるとのこと。ベランダ観望によさそうです。

     

    また、EQ3赤道儀を改変した星野赤道儀などもありました。カーボン三脚に載せられるようになればいいと思いましたが、社長様も同様にお考えのようです。 

     

    その他にも紹介したいものがたくさんあり、また15年以上前に一緒に仕事していたカメラメーカー、出版社等のスタッフの方々ともお会いできて楽しいイベントでした。
    カメラメーカーは常時撮影会やプロカメラマンによるセミナーを開催していますので、カメラ好きの方はもっと楽しめるのではないでしょうか。
    2階の中古カメラ市では中古業界でお世話になっているいつものバイヤーさんたちが忙しそうに販売していました。ついつい買ってしまいそうになる掘り出し物もありました。

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM