<< 6月8日、三重県民の森 星空観察会を行いました。 | main | 7月20日、あおなみ線天体観望会を行いました。 >>
2019.07.08 Monday

7月6日伊吹山ドライブウェイで星空観望会を行いました。

0

    7月5日より日本自動車道株式会社、伊吹山ドライブウェイの夏季夜間特別営業が始まりました。
    夜間特別営業日は翌日にわたって伊吹山ドライブウェイ内に滞在することができますので、普段はできない天体観測を朝まで行うことができます。(車の往来は多いです。)
    また、7月20日ごろまでは山頂付近でたくさんのヒメボタルを見ることができます。
    伊吹山ドライブウェイのスタッフには星のソムリエがいて、ヒメボタルが活発に飛び始めるまでの間、山頂駐車場にてスタッフによる星空案内を行ってます。5日は完全な曇り予報でしたが、6日は午後から青空が所々見えていましたので担当者に連絡したところ、開催するとのことでしたのでお手伝いに行きました。

     

     

    名古屋から西の空はきれいな夕焼けが見えているものの、向かう道中から伊吹山を見ると山頂付近はすっぽりと雲に覆われています。晴れなければただのホタル観賞になってしまうかもと思いつつ山を登り始めると三日月も木星もきれいに見えています。期待をもって中腹まで登ると今度は濃い霧に覆われ10m先ぐらいまでしか見えません。カーブを進むたびに晴れたり曇ったりの道中でしたが、山頂駐車場に到着すると琵琶湖の上に三日月が見えていました。

    月は見えていますが空の大部分は雲に覆われています。既に伊吹山スタッフとプライベートで来ていた当店のお客様(伊吹山星空観望会協力者)が望遠鏡を三日月に向けて星空案内を始めていましたので、急いで望遠鏡を組み立てていると木星が見え始め、北極星も見えてきてどんどん空に星が見えてきました。望遠鏡を組み上げた時にはすっきりと晴れて満天の星空が広がっていました。

     

    この日見ていただいた天体:アルビレオ、ミザール、M57リング星雲、木星、土星

     

    月没後は天の川がきれいに見える夜空でしたので、アレイ星雲や球状星団、散光星雲も見ていただきたかったのですが、次第に雲が増えて午後10時過ぎにはすっかりと曇ってしまいました。午後11時頃から蛍が飛び出すということで、ご来場のお客様も山頂に移動し始めましたので、星空観望会は終了して蛍を楽しみました。

     

     

    前日は早い時間からよく飛んでいたというヒメボタルですが、この日はちょっと気温が低く葉っぱの裏で休んでいる蛍が多く、まるで工事現場のようにピカピカと土手で点滅していました。