<< ニコン10儷折赤道儀中古品が入荷しました。 | main | 4月2日 志摩へ遠征しました。 >>
2019.04.01 Monday

ケンコースターリーナイト光害カットフィルター

0

    去年の10月にケンコートキナ―社の部長様がご来店され、唐突に「これ使ってみて」と光害カットフィルターを渡されました。

    特に何の情報もいただくことなく渡されましたので、きっと「そういうことなんだ」と先入観を捨てて使用してみました。

    この時のことは過去のブログにも少し記載しております。

     

     

    その時にケンコートキナ―社へ送信したコメントは「とっても町明かりがよく抑えられ、赤い星雲がコントラストよく写ります。ワイドレンズですが色転びもなくとても良好です。」でした。

    その光害カットフィルターが今月4月19日に発売されます。

     

    CP+ではすでにお披露目されており、その時にようやく詳細を教えていただけました。

    このフィルターは今までのようにガラスにコーティングを施して効果を出すのと違って、ガラス素材そのものが効果を発揮するように作られています。

    そのため、今までは斜めに入ってくる光に対して効果が薄れる(色転び)現象があり、「広角レンズでは光害カットフィルターは使えない」が常識となっていましたが、この新しいフィルターは斜めに入る光にも効果が薄れず、広角レンズで使える光害カットフィルターとなりました。(コメントに間違いがなくてよかった)

     

    EOS KISS X7i-CGL(IDAS HEUIBフィルター使用)

    トキナーAT-X 116 PRO DX II

    ISO3200 露出25秒

     

    当時のマイナスコメントとしては「シリウスのような明るい星が若干伸びる、UVIRカットフィルターを使用しないと微光星が赤くなってしまう」というものでした。LPR TYPE1光害カットフィルターに近いのかと思いましたが、こちらもスペクトル特性を見て納得しました。当店の改造機であればフィルター換装改造の方を使用してもらえれば問題ありません。

    星の伸びはどれぐらい改善されているのかは楽しみなところです。

     

    また、このフィルターは常用しても問題ありません。夜景はもちろん光害カット効果を発揮してくれますし、昼間の通常の撮影には全く影響しません。ソフトフィルターとの併用もすすめられていますので、光害を抑えつつ、ソフトフィルターで星座をはっきり写し撮ることが可能です。発売が楽しみなフィルターです。

     

    販売サイトはこちら

    http://www.tele-scorpio.jp/shopdetail/000000002584/