2019.07.08 Monday

7月6日伊吹山ドライブウェイで星空観望会を行いました。

0

    7月5日より日本自動車道株式会社、伊吹山ドライブウェイの夏季夜間特別営業が始まりました。
    夜間特別営業日は翌日にわたって伊吹山ドライブウェイ内に滞在することができますので、普段はできない天体観測を朝まで行うことができます。(車の往来は多いです。)
    また、7月20日ごろまでは山頂付近でたくさんのヒメボタルを見ることができます。
    伊吹山ドライブウェイのスタッフには星のソムリエがいて、ヒメボタルが活発に飛び始めるまでの間、山頂駐車場にてスタッフによる星空案内を行ってます。5日は完全な曇り予報でしたが、6日は午後から青空が所々見えていましたので担当者に連絡したところ、開催するとのことでしたのでお手伝いに行きました。

     

     

    名古屋から西の空はきれいな夕焼けが見えているものの、向かう道中から伊吹山を見ると山頂付近はすっぽりと雲に覆われています。晴れなければただのホタル観賞になってしまうかもと思いつつ山を登り始めると三日月も木星もきれいに見えています。期待をもって中腹まで登ると今度は濃い霧に覆われ10m先ぐらいまでしか見えません。カーブを進むたびに晴れたり曇ったりの道中でしたが、山頂駐車場に到着すると琵琶湖の上に三日月が見えていました。

    月は見えていますが空の大部分は雲に覆われています。既に伊吹山スタッフとプライベートで来ていた当店のお客様(伊吹山星空観望会協力者)が望遠鏡を三日月に向けて星空案内を始めていましたので、急いで望遠鏡を組み立てていると木星が見え始め、北極星も見えてきてどんどん空に星が見えてきました。望遠鏡を組み上げた時にはすっきりと晴れて満天の星空が広がっていました。

     

    この日見ていただいた天体:アルビレオ、ミザール、M57リング星雲、木星、土星

     

    月没後は天の川がきれいに見える夜空でしたので、アレイ星雲や球状星団、散光星雲も見ていただきたかったのですが、次第に雲が増えて午後10時過ぎにはすっかりと曇ってしまいました。午後11時頃から蛍が飛び出すということで、ご来場のお客様も山頂に移動し始めましたので、星空観望会は終了して蛍を楽しみました。

     

     

    前日は早い時間からよく飛んでいたというヒメボタルですが、この日はちょっと気温が低く葉っぱの裏で休んでいる蛍が多く、まるで工事現場のようにピカピカと土手で点滅していました。

     

     

    2019.06.09 Sunday

    6月8日、三重県民の森 星空観察会を行いました。

    0

      6月8日、三重県民の森主催の星空観察会を行いました。
      この日は三重県桑名市にあるビノテクノ社の代表、服部氏にもご参加いただき、星空案内をしていただきました。


      午後7時半の開始時刻にはまだ空が明るく、星が全く見えません。月は既に空の高いところに出ていましたので、月のクレーターをご覧いただいていると、だんだん空が暗くなり、1等星が見え始め、次第に北斗七星やしし座、からす座などの春の星座が見えてきました。

      残念ながら薄雲が多く、雲越しの観察会となりましたが、望遠鏡では星がよく見えましたので、二重星を中心に楽しんでいただきました。

       

      この日見ていただいた天体:月、ミザール、コルカロリ、てんびん座α星、かみのけ座、アルクトゥルス、スピカ、北極星、木星

       

      6月は蛍の季節です。実は三重県民の森には蛍が見られるスポットがあります。観望会終了後に立ち寄ってしばし蛍狩りを楽しみました。

      10匹もいないほどでしたが、光ながらフワフワと漂ったり、木や車に止まって点滅したり、星と蛍の光を楽しめました。

      2019.05.13 Monday

      5月11日三重県民の森星空観察会を行いました。

      0

        5月11日朝からいい天気で、三重県民の森主催の星空観察会を開催しました。

         

         

        30名ほどの方がご来場され、冒頭でシリウスとプロキオンを間違えるという失態もありましたが、終了するまで快晴の空の下、いくつかの天体を望遠鏡や対空双眼鏡でご覧いただき、星空案内をさせていただきました。

         

        観察会の途中、何機もの飛行機が空を横切ります。そのうちご参加者より何の飛行機だろうとの声がありましたので、Flightrader24.comで調べてどこの航空機でどこへ行くのかや、まもなくこのあたりから飛行機が飛んできますなどと案内していると皆さんとても驚いていました。同様に国際宇宙ステーションも見える時間と方角が調べられますので、ぜひご覧くださいなどとご案内しているとあっという間に終了時間になりました。

         

        この日ご覧いただいた天体
        月、かに座ι星(春のアルビレオ)、ミザール・アルコル、アルギエバ、プレセぺ星団、M3球状星団、M13球状星団

         

        観察会が終了すると途端に雲が増えて曇ってしまいましたが、当店のお客様が何組か望遠鏡をお持ち込みで会場に残っていましたので、だらだらと談笑していると月没とともに晴れてきて、朝まで快晴の星空が広がりました。お客さま方はそれぞれ観望や写真撮影を楽しまれていましたので、私もちょっと撮影させていただきました。

         

        アレイ星雲(クリックで大きい画像が開きます)

        ビクセン VC200L-SXP(SDレデューサー使用)
        ZWO ASI1600MC-Cool(-28℃)
        ゲイン300露出7分x4枚加算合成
        サイトロン QuadBandフィルター使用
        PHDガイディングにてオートガイド


        その後、木星や土星が昇ってきましたので観望してみると、シーイングがいい日のようで、とてもきれいな木星と土星を見ることができました。証拠写真を残そうと思いましたが、バローレンズを忘れてきてしまいました。相変わらず忘れ物癖が治りません。道具箱を探してみたら、15年ぐらい前にガイド鏡で使用していたミードのバローレンズが出てきましたので、それを使用して撮影してみました。

         

        木星

         

        土星

         

        タカハシ TSA-120N

        スカイウォッチャーEQ6R赤道儀

        ZWO ASI1600MC-Cool

        露出1/30秒 ゲイン:木星171/土星312

        ミード2倍バローレンズ

         

        バローレンズはレンズがカタカタしていますが、TSA-120Nはそんなこと全く気にしないかの如くすごい画像を画面に表示してくれます。撮影後はお客様方のアイピースを持ち寄り、いろいろな倍率で木星と土星を見て楽しみました。

         

         

        午前3時を過ぎると天の川もすっかり頭上に昇り、きれいな星空を薄明まで堪能しました。

         

        続きを読む >>
        2019.03.18 Monday

        観望会2DAYS

        0

          3月15日あおなみ線天体観望会、3月16日三重県民の森星空観察会と12月に続いて観望会2DAYSとなりました。

           

           

          あおなみ線天体観望会には120名ほどの方にご来場いただき、月のクレーターや二重星をお楽しみいただきました。
          この日のメイン対象はカノープス。埠頭にあり南の空低くまで見渡せる金城ふ頭駅からならカノープスが見られるのではないかと、1月中旬に探してみたところ、駅から真南の火力発電所の煙突の上に明るく輝くカノープスを見つけることができました。

           

           

          残念ながら観望会の日は雲が多く、カノープスを見ることはできませんでした。来年に持ち越しです。
          観望会開催中も時折雲が厚くなって月もボヤっとしか見られない時間もありましたが、カノープス観察用に設置した対空双眼鏡で工場夜景を楽しんでいただくことができました。星より評判がよかったのはちょっと気になりましたけど・・・。

           

          この日見ていただいた天体:月、ミンタカ、カストル、プレアデス星団

           

           

          多くの方が電車の発車時刻に合わせて退場されるのですが、中には電車を1本送らせてクレーターや星団を楽しまれる方もいらっしゃいました。

           

           

          翌日の三重県民の森はいい天気でしたので、たくさんの天体をご覧いただきました。

           

          見ていただいた天体:月、カストル、ミンタカ、ミザール、北極星、リゲル、Mel.20、プレアデス星団、プレセぺ星団、オリオン星雲、ケンブルの滝

           

          観望会終了後、手伝っていただきました星空案内人の方より、かに座イオタ星のリクエストがありましたので見てみました。

          春のアルビレオといわれるオレンジと青の色がきれいな二重星で、当初は観望会の中で見ていただこうと思っていましたが、月が近く見にくかったためやめたのですが、しっかりときれいな色で見えましたので、次回のメイン対象にしようと思います。

           

           

          その後は会場をお借りして、日付が変わるころまでお客様たちのサポートをさせていただいたり、空高くなった春の天体を見たりして楽しみました。

          2019.02.24 Sunday

          2月16日 三重県民の森で観望会を行いました

          0

            2月16日、三重県民の森で観望会を行いました。

             

             

            昼間は雲が多い日で開催が危ぶまれましたが、夕方の名古屋はすっきりと晴れ、三重県のGPV予報も改善傾向でしたので開催しました。

             

            到着すると結構な曇り空。所々雲が切れて星が見えています。雲は多いのですが流れも速いので北極星も見え、望遠鏡の設置ができました。雲が切れている部分から星座案内をさせていただき、いくつかの天体をご覧いただきました。

            月→火星と天王星の色の比較→二重星→星団の予定でしたが、雲のため変更です。

             

            また、今回から電子観望も取り入れてみました。

            以前より、初めて望遠鏡を覗くご来場者様からよくわからないとのお話がありましたので、イメージしやすいようにPCモニターにご覧いただいている対象を同時にリアルタイムで映し出すことにしました。

            月面では順番待中にクレータの説明もできて結構便利です。銀河ではご覧いただいている銀河の形状が分かりやすくなります。(月あかりもあってこの日はベテランさんでもなんとなくしか見られませんでしたけど・・・)

             

            この日見ていただいた天体

            月、カストル、プレアデス星団、ET星団、リゲルと伴星、メシエ81、メシエ42

             

            観望会終了後はご購入いただいたドブソニアンのサポートをさせていただく予定でしたが、商品に初期不良があることが分かり、お預かりして撤収となりました。大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

            2018.12.20 Thursday

            観望会2DAYS

            0

              12月14日あおなみ線天体観望会、12月15日三重県民の森星空観察会と、2日続けての観望会を行いました。

               

               

              14日のあおなみ線天体観望会はちょうど終了時刻の午後9時にふたご座流星群が極大時間ということもあり、星座案内と流星探しを中心に楽しんでいただきました。開始直後には中京テレビの情報番組「キャッチ」の中で、生放送にて開催の様子を紹介していただきました。

               

              観望会の初めごろはまだオリオン座も東の空低く、流れ星はほとんど見えませんでしたので、月のクレーターや天王星、プレアデス星団などを楽しんでいただきました。

              この日の月はほぼ半月でしたが、望遠鏡で見ていると地球照により欠けている部分も丸く見えていて、すぐ横に星が見えました。6等星ぐらいのみずがめ座74番星です。

              おそらく観望会中に星食になるのではと、4台中3台の望遠鏡を月に向けて、月と並んだ星の美しい様子をご覧いただいていると「消えた」と望遠鏡を覗かれていた方々の声が聞こえました。いつも思いますが、星食の潜入は声を張り上げる「消えた!」ではなくなぜか物悲しい声の「消えた・・・」になります。午後8時半ごろになるとちらほらと流れ星が見え始め、いくつかの流れ星を見ることができました。

               

              あおなみ線観望会で見ていただいた天体

              月、天王星、プレアデス星団、リゲルと伴星、ET星団(NGC457)

               

               

              翌日15日は三重県民の森の星空観察会です。

              快晴のとてもいい空で、明るくなったウィルタネン彗星も夜空にいます。冬らしい気温7度ほどの夜でしたが、予想以上にたくさんの方にご来場いただき、とても賑わっていました。

              半月があるにもかかわらず、たくさんの天体を見ることができましたが、残念ながら流星はあまり流れていませんでした。

               

              三重県民の森星空観察会で見ていただいた天体

              月、天王星、プレアデス星団、アンドロメダ銀河、ET星団(NGC457)、二重星団、ウィルタネン彗星(46P)、オリオン星雲、M37星団

               

              観望会終了後は会場をお借りして3名のお客様のサポートをさせていただきました。

              2018.11.24 Saturday

              三重県民の森観望会とバーナードループが見えた日

              0

                11月17日、三重県民の森で星空観望会を開催しました。

                前日まではとてもいい予報でしたが、準備して開催時間を待っているとだんだんと薄雲が広がってきました。

                開催中は雲が広がったり、消えたりでしたが、月や火星、プレアデス星団やET星団(NGC457)、コートハンガー星団などを楽しんでいただきました。

                 

                 

                当店で最近望遠鏡をご購入いただきましたお客様にもご来場いただき、実際に星空の下で望遠鏡の使用方法をご覧いただきました。

                1時間半という短い時間でしたが、終了時刻まで和気あいあいとした楽しい観望会でした。

                観望会終了後は観望会にご参加とは別の3名のお客様と月没を待って撮影や観望をして楽しみました。

                 

                かに星雲(トリミングあり)

                スカイウォッチャーBKP200/800

                ビクセンSXP赤道儀

                ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)

                ゲイン300 露出3分x8枚を加算平均合成

                PHDにてオートガイド

                 

                また、この日はとても感動する出来事がありました。

                以前から暗視スコープにHαフィルターを付けると星雲が眼視できるのではという話がありましたので、お客様ご所有の暗視スコープに私が普段撮影に使用しているHαフィルターを取り付けてオリオン座に向けてみました。

                なんと!!バーナードループが見えます。

                 

                「すごい!バーナードループが見える!」と声を上げたのですが、周りはシーンとしています。反応がありません。

                どうやら「店長吹いてる」と思われていたようです。

                その後、暗視スコープの所有者様に交代したところ「ああ!」「ええ!!」などと叫んでいます。

                「本当に見える!」ですって。

                だから見えるって言っているのですが・・・

                バーナードループというのはオリオン座を取り囲む淡い環状の星雲です。写真技術が発達してからバーナードさんが見つけた星雲で、通常は可視光の範囲外にあるHαといわれるスペクトル帯の星雲ですので、目で見ることはできません。それを見事に目で見ることができます。

                 

                また、バラ星雲に向けると見事に明るい星雲が見えます。カリフォルニア星雲に向けると、よく写真で見るカリフォルニア半島のような形の星雲がばっちり見えます。モンキー星雲やパックマン星雲も見えます。

                夜空が星雲のオンパレードです。

                暗視スコープには光電子倍増管が入っていて、センサーに当たった光が増幅されて蛍光スクリーンに当たり、それを目で見ることができます。なので通常は目に見えないHαのスペクトルを眼視することができます。

                初めて見る夜空の星雲に心を奪われた夜でした。

                 

                 

                2018.10.23 Tuesday

                三重県民の森星空観察会とTLP

                0

                  10月20日、三重県民の森星空観察会を開催しました。

                  7月以降天候に恵まれず4か月ぶりの開催となりました。

                   

                  *6月に開催した時の写真です。

                   

                  この星空観察会は私の星仲間が2014年頃に始めたもので、10年間夜な夜な勝手に敷地を使わせてもらっていたこともあり、第1回目から手伝わせてもらっています。当時は不定期開催でしたが2017年から毎月開催となりました。

                  四日市インターから10分ぐらいというアクセスの良さと空の暗さで、以前はたくさんの天文ファンでにぎわっていましたが、最近は空が明るくなって星空目的で来る人はほとんどいません。それでも明るいメシエ天体はおおよそ見られますので、ちょっと楽しみたいときにはいい場所です。この日は月齢11の月もあって明るい空でしたが、いくつかのメシエ天体をご来場者様にご覧いただきました。

                   

                  まだ日没時には土星と火星も見えていますので、土星をご覧いただきましたが、とても気流が悪くボヤボヤで輪も見えないような状況でした。その後火星、月をご覧いただいていると小学1年生ぐらいの男の子がとても一生懸命に望遠鏡を覗いていました。天文マニアに育ちそうな予感です。その後、月の近くにいる天王星や海王星、星雲等を見てもらっているとその男の子が天王星をもう一度見たいと言い出しましたので、導入しようとしましたが、自動導入の精度が悪くなっていたため月で再度アライメントしようと月を導入したところ!!なんとTLP(月面発光現象)が見えました!

                  月の欠けている暗い部分にポツンと光が光っています。これは珍しい現象ですので、慌てて順番に見てもらっていたところ、先ほどの男の子が覗いた時には既に消えて見えなくなってしまいました。とっても泣かれてしまいました・・・。

                  あとで発光していた場所を調べたところやはりアリスタルコスクレーターでした。アリスタルコスクレーターはとても明るく見えるクレーターで、時折地中のラドンガスを噴き上げることがあり、ガスで舞いあがった月の砂が太陽光に反射して発光するのが見えることがTLPの原因と言われています。

                  ともかくとても珍しい現象ですので、皆さんに見てもらいたかったところです。

                   

                  この日見ていただいた天体

                  土星、火星、月、天王星、海王星、アルビレオ、二重星団、ET星団(NGC457)

                  ドーナッツ星雲(M57)、アレイ星雲(M27)、アンドロメダ銀河(M31)、昴(M45)

                   

                  また、観望会の日は終了後も会場を朝まで使用させていただけるため、ご購入いただきましたお客様のサポートをさせていただくのも目的でした。実際の空で自動導入のアライメント方法やスポットファインダーでの天体の探し方等をレクチャーさせていただきました。

                   

                   

                  名古屋に戻ると月が沈み、とてもいい星空が広がっていましたので自宅庭先で撮影をしてみました。

                  この日の自宅(中川区)からは4等星まで見えてとてもたくさんの星が見えました。

                   

                  オリオン大星雲

                  ビクセンR200SS-SXP コレクターPH使用

                  EOS KISS X7i-GCL

                  ケンコー光害カットフィルターLPR-Type2使用 ISO1600 露出1分x8枚加算平均合成

                  アストロノミックHαフィルター、O轡侫ルター 各ISO3200 露出1分x8枚を加算平均合成のうえAOO合成

                  上記2枚を加重平均合成

                  PHDガイディングでオートガイド

                   

                  2018.08.29 Wednesday

                  碧南市エメラルドホール宙歌コンサートと星空観望会

                  0

                    8月22日、碧南市エメラルドホールで惑星観望会を行いました。

                    星のソムリエでもあるオペラ歌手宮崎智永さんのコンサートの第2部として企画されました。

                     

                    コンサートでは星にまつわる歌が演奏され、テノールの歌声にすっかり魅了されてしまいました。

                    歌の合間には宮崎さん自身による宇宙や星のお話があり、子供たちにもわかりやすい解説でとても楽しめました。

                     

                     

                    午後7時からはホールの第4駐車場を利用して惑星観望会を開催しました。

                    通常の流し観望会とは違い、最初から200名の方がいらっしゃいます。

                    8台の望遠鏡を並べてそれぞれの望遠鏡の特性に合わせた対象を導入。順番にご覧いただきました。

                     

                     

                    開始時は金星、その後に木星、土星、火星、月や二重星をご覧いただきました。

                     

                     

                    案内人の星のソムリエ寺本さんのアイデアと製作で、各惑星の見所やどの望遠鏡が何を見ているかが分かるPOPやボードを立てていただきました。子供たちに大人気でした。

                     

                    この日は昼から視程がよく、夏の星座がとてもよく見えました。台風19号と20号に挟まれた日で天候が心配でしたが、風もなく快晴の星空の下、ご来場者様に望遠鏡で見る天体をご堪能いただきました。

                    2018.08.03 Friday

                    火星最接近!あおなみ線わくわく惑星観望会

                    0

                      7月31日、15年ぶりの火星大接近に合わせて、名古屋臨海高速鉄道株式会社、通称"あおなみ線"金城埠頭駅で惑星観望会を行いました。

                      とても良い天気で午後7時の開始前で既に入口には長い列。開始と同時に大勢の方がご来場されました。

                       

                       

                      この日の日没は午後7時。火星の出現も午後7時。

                      会場のホームに6台の望遠鏡を設置して3名の案内人で2台ずつを担当。

                      午後8時までは分担して金星、木星、土星の3惑星をご案内。午後8時からは各々1台の望遠鏡を火星に向ける計画でしたが、観望会開始時にはこの日の一番星、金星しか見られませんでしたので、まずは全ての望遠鏡を金星に向けて半月状の金星をご覧いただきました。

                       

                      15分ぐらいすると木星、土星が見えてきましたので、それぞれの案内人で分担して、木星と土星、金星の美しい姿をご覧いただきました。

                      このころになると火星が海の向こうの工場の上にポツンとかなり明るく目立ち始めました。早く見せてあげたいのですが、まだ高度が5度ぐらいしかありません。

                      「あれが火星です!」と肉眼で赤い姿をご覧いただき他の星との明るさを比較していただきました。この頃には会場のホームはご来場者様でいっぱいです。

                       

                       

                      入場制限がかかるほどのご来場で、ホームに停車中の列車を開放して順番待ちまで車両の中で涼んでいただきました。

                      午後8時になるとようやく火星の高度が15度を超えてきましたので、各案内人がそれぞれ1台を火星に向けて最接近した火星をご鑑賞いただきました。

                      まだ高度は十分でないため大気の揺らぎで燃えているような火星です。しかも、残念ながら火星のダストストームの影響で火星表面の模様はあまり見えませんでしたが、何とか白っぽい南極冠をご覧いただけました。

                       

                      *観望会後に撮影した火星。

                       

                      午後9時の終了時刻を過ぎてもお客様がいらっしゃいましたので、9時30分ごろまで延長して観望会は終了しました。

                      約350名のご来場でした。ありがとうございました。

                      この模様は当日深夜、翌日の夕方の東海テレビニュースで放映されました。

                       

                      http://tokai-tv.publication.network/amp/a115a8a48886bd350b1810567a4cb71c730fb2e347dd0601582115f04ddc8245?i=59421&date=20180801&__twitter_impression=true

                       

                       

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM