2019.05.09 Thursday

5月7日志摩へ遠征しました。

0

    5月7日、朝からいい天気で、お客様からもお誘いいただきましたので、三重県志摩地方へ遠征しました。

    この日はゴールデンウィーク明け初日。誰もいないだろうと思っていましたが、観測場所に到着するとすでに3、4名の方がいらっしゃいました。三重県の星仲間もいて、確かにリタイア組にゴールデンウィークは関係ありません。

     

     

    到着してしばらくすると風が出てきましたが、すぐに収まり、朝まで雲一つない快晴で満天の星空を楽しむことができました。最小湿度が10%ぐらいしかないとても乾燥した日で、シーイングもよく、すごく濃い天の川を堪能できました。

     

    とてもいい空でしたので、好きなだけ観望や撮影を楽しみたいところでしたが、この日も機材チェックがいくつもあって、計画的な撮影はできませんでしたが、それでも夏の星雲星団をいくつか撮影できました。

    また、お客様の望遠鏡で北斗七星周りの銀河や天の川の中の星雲を見て楽しませていただきました。網状星雲も美しく光って見えていました。

     

    M27 アレイ星雲(クリックで大きい画像が開きます)

     

    M16 オメガ星雲(クリックで大きい画像が開きます)

    スカイウォッチャーBKP200/800

    ビクセンSXP赤道儀

    ニコンD5500-GCSF

    ISO2000 露出4分x8枚加算平均合成

    PHDにてオートガイド

     

    当店のニコンのIR改造カメラは構造上、フィルター換装改造をするとローパスフィルターとダストリダクションがなくなります。その分ゴーストが出にくくなり、すっきりした撮像となります。

    アレイ星雲の写真に見られる迷光はBKP200/800ではたまに写ります。同じ対象を撮影しても出るときと出ない時があるので、悩ましいところです。

    続きを読む >>
    2019.05.07 Tuesday

    5月3日茶臼山へ遠征しました。

    0

      5月3日、キョウエイ東京店のむらさんと一緒に茶臼山へ遠征しました。

      協栄産業様は東京と大阪に店舗をお持ちの老舗の天体望遠鏡販売店です。iOptornやZWOなどの海外製品の輸入代理店もされていますので、当店ともお取引させていただいている会社です。以前より一緒に遠征しようとお話をいただいていて、ようやく実現しました。当日の昼は雲がとても多く、天候が心配でしたが、せっかく東京から来ていただきましたので遠征することにしました。

       

       

      到着すると20〜30台ぐらいの車が停まっていて、当店のお客様が何名もいらっしゃいましたが、あいにくの曇り空。皆さん晴れ待ちの状況でした。北極星が見えていたので、とりあえず機材を設置してしばらくすると次第に北の空から晴れてきて、明け方まで満天の星空を堪能できました。

       

      むらさんはiOptronのiEQ30とウィリアムオプティクスRED CAT51に冷却CMOSカメラをつないで、ASIAIRで撮影、オートガイドというなかなかの軽装スタイルでしたが、北アメリカ星雲や網状星雲等をかなりしっかりと撮影されていました。また、発売されたばかりのIDAS社製NGS1フィルターも持参されていて、鏡筒の性能やフィルターの効果を現場で見せていただきました。同じ販売店として、情報の共有もできてとても有意義な時間を過ごすことができました。

      その時のむらさんのブログはこちら(KYOEI東京店 星ブログ)です。

       

      私も試作品の天体改造デジタル一眼レフのチェックやASIAIRの設定などのチェックをしながら撮影を楽しみました。

       

      北アメリカ星雲

       

      ニコンD5500-GCSF AF-S50mmF1.8G(開放絞り)

      スカイウォッチャーAZ-GTi(赤道儀モード)

      ISO2000 露出120秒x7枚加算平均合成

      ノーガイド

       

      三日月星雲

      スカイウォッチャー BKP200/800-EQ6R

      ZWO ASI1600MC-Cool(-30℃)

      ゲイン300 露出7分x8枚加算平均合成

      PHDガイディングにてオートガイド

       

      網状星雲(クリックで大きい画像が開きます)

      ISO3200 露出5分x2枚加算平均合成

       

      バンビの横顔〜干潟星雲(クリック大きい画像が開きます)

      ISO3200 露出5分x8枚加算平均合成

       

      ビクセンFL55SS-SXP

      キャノンEOS6D-GCBF

      スターブック恒星時追尾(ノーガイド)

       

      その後、木星がきれいに見えていましたので、お客様のビクセンFL80屈折望遠鏡で見せていただきました。すっきりとしたいい見え味でとてもきれいに見えていましたので、ちょっとお借りして勝手にM8、M20、M27、M57などを導入して、むらさんとお客様と一緒に観望して楽しませていただきました。口径8cmですが、三裂星雲は3つに割れて見えるし、アレイ星雲も鉄アレイに見えます。リング星雲も明るくよく見えて大満足の観望でした。望遠鏡をお貸しいただきましてありがとうございました。

      ようやく晴れたゴールデンウィークとあって、現場の皆様もご機嫌で帰宅されていました。

      続きを読む >>
      2019.04.15 Monday

      4月12日志摩へ遠征しました。

      0

        4月12日、三重県志摩地方へ遠征しました。
        夕方三重県で国際宇宙ステーションの月面通過が見られるということで、お昼にご来店されたお客様たちが三重県方面へ遠征されるというので合流することにしました。
        夕方ご来店されたお客様たちにも声をかけたため、7名での遠征となりました。
        現地に到着すると別の当店お客様や地元の仲間もいて、総勢12名の方でにぎわっていました。


         

        一晩中雲、風がほとんどない快晴の星空で、明け方まで満天の星を堪能できました。また、シーイングや透明度もよく、とてもきれいな天の川を見ることができました。

         

        NGC3718

        ゲイン400 露出10分x14枚 加算平均合成

         

        M27 アレイ星雲

        ゲイン300 露出6分x7枚 加算平均合成

        VIXEN VC200L-SXP SDレデューサー使用

        ZWO ASI1600MC-Cool(-30℃)

        PHDガイディングでオートガイド

         

        お客様たちは40cmドブソニアンや30cmドブソニアン、10cm双眼望遠鏡などで星雲や銀河を楽しまれていました。

        以前カサイトレーディング社のELS双眼装置をご購入いただいたお客様に40cmドブソニアンでM13球状星団を見せていただきました。両目で見る球状星団は大迫力で、あまりの美しさにずっと眺めていられるほどでした。お客様曰く、この双眼装置はもっと販売するべきとのことです。確かにニュートン反射望遠鏡との相性は抜群です。

         

        M13(眼視した時のイメージに近い感じでトリミングしてあります)

        スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R

        EOS KISS X7i-GCL(IDAS HEUIB競侫ルター使用)

        ISO3200 露出1分x10枚 加算平均合成

        恒星時追尾(ノーガイド)

         

        30cmドブソニアンで見た子持ち銀河、ビノテクノ社の10cm双眼望遠鏡で見た天の川の中の散光星雲、星団も圧巻でした。シャープな星像と広い視界、高光透過率で、いったい何の星雲、星団を見ているのかわからないぐらいです。

         

        先月13cm反射望遠鏡をご購入いただいたお客様もいらっしゃいましたので、干潟星雲やオメガ星雲、M6、M7星団などの導入方法をサポートさせていただきました。13cm反射望遠鏡は気軽な星雲星団観察にぴったりの望遠鏡で、アレイ星雲やリング星雲もご覧いただきました。

         

        また、この日はサイトロンジャパン社よりお借りした試作品のスカイウォッチャーAZ-GTiでの撮影テストも目的でした。まだ詳しいことは書けませんが、発売次第レビューしたいと思います。

         

        M17付近

        Laowa105mm F2 "The Bokeh Dreamer

        スカイウォッチャーAZ-GTi赤道儀モード

        EOS6D-GCBF

        ISO3200 露出3分 開放絞り

        恒星時追尾(ノーガイド)

         

        薄明が始まり、撤収しているときに北側に桜が咲いていることに気が付きました。ついいつものルーチンで備忘録用のタイムラプスカメラを南に向けて撮影していましたが、この日は北側に向けるべきでした。今年は新月期に満開です。少々葉桜にはなっていますが、まだしっかりと桜が咲いていて、北天の日周運動と桜を一緒に撮る大チャンスでした。

        「空ばかり見ていないで足元見なさい!」とよく言われた親の言葉思い出した夜でした。

         

         

         

         

        2019.04.07 Sunday

        4月4日 三重県へ遠征しました。

        0

          4月4日、お客様からお誘いをいただきましたので、三重県民の森へ遠征しました。

          遠征といっても新名神菰野インターの開通で、店舗から45分ぐらいの近さです。急遽お誘いをいただいたのと、予報では0時ごろから曇る予想でしたので、県民の森へ行きました。

           

           

          到着時はほとんど雲がありませんでしたが、だんだんと雲が増え、雲の間を縫って機材チェックをしていました。

          撮影機材は光害の多い場所ですので、サイトロンのQuadBandフィルターを望遠鏡に取り付け、露出をスタートさせて放置しておきました。薄雲ぐらいなら写らないナローバンドっぽい性格もあるフィルターなので、こういう時には助かります。雲の影響の少ないコマを合成しました。

           

          M97 フクロウ星雲

           

          ビクセン VC200L(SDレデューサー使用)

          スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
          ZWO ASI1600MC-COOL
          ゲイン400 露出640秒x7枚加算平均合成

          サイトロンQuadBandフィルター使用
          PHDガイディングでオートガイド

           

          お客様も春銀河の撮影を楽しんでいらっしゃいましたが、午前2時ごろから雲が多くなり、GPVもその後は曇り予報でしたので機材を撤収しました。ところが、機材を片付け終わったとたん快晴になり、夏の星座がきれいに広がってきました。再度機材を展開しても薄明まで1時間もないため、桜が満開なのを思い出して広場に移動して桜と星座を楽しみました。

           

           

          2019.04.07 Sunday

          4月2日 志摩へ遠征しました。

          0

            4月2日、お客様からお誘いをいただきましたので、三重県志摩地方へ遠征しました。
            三重県よりも愛知県や長野県の方がよく晴れそうでしたが、桜が咲いているにもかかわらず山里の予想気温は-3℃。そこからさらに700mぐらい標高の高い観測地は-6℃〜-7℃ぐらいになりそうで、前日も路面がガリガリに凍結していたとの情報もありましたので、ちょっと曇る予報もありましたがノーマルタイヤで行ける三重県へ遠征しました。
            到着すると、とてもいい天気で快晴の星空が広がっていました。前週はちょっと春霞がある感じでしたが、前日、当日の雨風と寒の戻りですっきりとした星空を堪能できました。

             

             

            空はすっかり春の星空。このところずっと製品チェックを兼ねた遠征ばかりしていましたので、今回は前半は久しぶりに撮影や観望を楽しみました。

            と言いつつも、今回初めてVC200LとSDレデューサーの組み合わせで撮影してみました。VC200Lは以前より専用のVCレデューサーが発売されていてSDレデューサーよりもF値が明るくなります。49-48のステップダウンリングを使うと48mmフィルターが使用できるので不自由はありませんでしたが、SDレデューサーでは焦点距離が1386mmとVCレデューサーより長くなり、対象が小さくなり過ぎず長焦点を活かせます。個人的な感覚ですが、描写もVCレデューサーより良いようです。

             

            M51子持ち銀河

            ビクセン VC200L(SDレデューサー使用)

            スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
            ZWO ASI1600MC-COOL
            ゲイン300 露出10分x8枚加算平均合成
            PHDガイディングでオートガイド

             

            午前2時を過ぎると東の空はすっかり夏の星空です。北天は曇ってしまいましたが、東の空に天の川が昇ってきましたので、未明にべた曇りになるまで夏の星座や星雲を楽しみました。

             

            さそり座頭部(クリックで大きい画像が開きます)

            サムヤン 85mm F1.4AS IF UMC

            CANON EOS6D-GCBF

            ISO 3200 F2.8 露出150秒x12枚 加算平均合成

            SXP赤道儀で恒星時追尾

             

            M8干潟星雲付近(クリックで大きい画像が開きます)

             

            VIXEN FL55SS-SXP

            CANON EOS6D-GCBF

            ISO 3200 露出6分x8枚 加算平均合成

            SXP赤道儀で恒星時追尾(ノーガイド)

            続きを読む >>
            2019.03.18 Monday

            3月13日 志摩へ遠征しました。

            0

              3月13日、お客様から同行のお誘いをいただきましたので、三重県志摩地方へ遠征しました。

              出発時の名古屋は雨。一人ではとても出かけるような天候ではありませんでしたが、三重県に到着すると、雲はあるもののきれいな星空が広がっていました。

               

               

              半月でしたが、惑星状星雲ならそれほど影響はないと思い、対象に向けてみましたが、やはりかなり小さいものを狙いすぎたようでうまく撮影できず、月没を待って別の対象を撮影して楽しみました。

               

              メシエ83

              スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R

              バーダーMPCC轡灰泪灰譽ター

              CANON EOS KISS X7i-GCL(IDAS HEUIB2フィルター使用)

              ISO1600 露出5分x10枚加算平均合成

               

              この日もASIAIRのオートガイドをチェックしようと思いましたが、今回はDECがどうしてもエラーになりガイドがスタートしません。ソフトがβ版のせいもあるのか、なかなかうまくいきません。来月に持ち越しの課題です。

              お客様もナローバンド撮影の時間短縮を目指してすごいシステムをチェックしていました。今後の作品が楽しみです。

              明け方少し雲が多くなりましたが、まだ時間がありましたので、夏の天の川の星雲を見たり撮影したりして時間まで満天の星空を楽しみました。

               

              IC4592 青い馬星雲(クリックで大きい画像が開きます)

              ISO3200 露出5分x12枚加算平均合成

               

              メシエ16&17(クリックで大きい画像が開きます)

              ISO3200 露出5分x8枚加算平均合成

               

              ビクセン FL55SS-SXP

              HDレデューサー使用

              CANON EOS6D-GCBF

              スターブック恒星時追尾(ノーガイド)

              続きを読む >>
              2019.03.11 Monday

              3月8日、三重県志摩地方へ遠征しました。

              0

                3月8日、お客様から同行のお誘いをいただきましたので、三重県へ遠征しました。
                到着すると同行の二人のお客様の他に、当店のお客様や三重の星仲間もいて大変賑わっていました。
                雲一つない良い天気で、夜明けまできれいな夏の天の川を堪能しました。
                 

                 

                春銀河の季節ですが、惑星状星雲を撮影しようと計画を立てていきましたが、対象が思ったより小さく、持って行ったVC200Lでは全く歯が立たず、それでも次回の経験にと撮影しようとしましたが、今度はオートガイダーがキャリブレーションでエラーを起こす始末。どうやら北極星に近すぎて赤経を動かしても星が十分に動かずエラーを起こしていたようです。あきらめて鏡筒を載せ替えようとしていたところにふらりと人が来ましたので、望遠鏡を覗いてもらうことにしました。M13球状星団や子持ち銀河を見ていただきましたが、初めて望遠鏡を覗いたようで、興味深く覗かれていました。釣りに来た方かと思いましたが、名古屋から星空を求めてこられたとのことでした。
                VC200Lはフラットナー内蔵で視野のすべてにピントが合うため、M13球状星団を見ると粒々の星が隅々までしっかり見えて圧巻です。


                またこの日は、ようやく取り扱いになれてきたASIAIRでしっかりとした撮影を行うことも目的でした。
                タブレットのWifiをASIAIRに接続、アプリを起動します。アプリでの恒星の導入の仕方が分からなかったので、スカイサファリ6を起動して同期しました。スカイサファリを使用すればどんな星も星図から選ぶだけで望遠鏡が導入してくれます。とても便利です。
                次にプレビューモードでピントを合わせるのですが、バーティノフマスクの光条が小さいので、もう少し拡大できると助かると思いました。ピントを合わせてM13を導入すると対象が画面の端の方にいました。PLATE SOLVEを実行すると「SUCCESS」と出るのですが、動いている様子がありません。まだ使い方がよくわかっていないようです。
                とりあえず手動で対象を導入してオードガイダーを起動、キャリブレーションを行うと一気に星が飛び跳ねて「STAR LOST」の表示が。キャリブレーションステップを小さくして解決しましたが、今度はガイド星の動きに過剰反応してしまい自虐ガイド状態となってしまいました。設定値の勉強と経験が必要ですね。画像はブレブレです。

                 

                M13

                スカイウォッチャーBKP200/800−EQ6R

                ASI1600MC-COOL(-30°C)

                BINx1 120秒 ASIAIRでオートガイド


                まだまだ操作の研究が必要ですが、シートヒーターで暖まりながら車内から操作や状況の確認ができたり、機材から離れて仲間と雑談している最中も手元のタブレットで確認ができるし、望遠鏡の周辺にパソコンがないので足元もすっきりするしとWifi機材の恩恵を感じました。
                もう少ししっかりと使えるようになったら、再度レビューしたいと思います。

                 

                火山星雲

                ビクセン FL55SS-SXP

                CANON EOS6D-GCBF

                ISO3200 露出5分X30枚 加算平均合成

                スターブック恒星時追尾(ノーガイド)

                 

                アンタレス付近

                ISO3200 露出5分x12枚加算平均合成

                 

                続きを読む >>
                2019.02.06 Wednesday

                2月2日三重県志摩地方へ遠征しました。

                0

                  2月2日、いい天気になりそうでしたので、三重県へ遠征しました。
                  本当は前日にお客様からお誘いをいただいておりましたので遠征する予定でしたが、作業で出発が遅れそうでしたので仕方なく翌日に一人で遠征しました。

                  目的地に到着すると当店のお客様が2組いらっしゃいました。名古屋から150kmはあるところですが、皆さん精力的です。
                  前日パーツをご購入いただいた望遠鏡が組みあがっていましたので、覗かせていただきました。この時期は冬の星雲星団から大量にある春の銀河など観察対象に事欠きません。私も今シーズン最後の冬の星雲を撮影して楽しみました。

                   

                  メデューサ星雲

                  スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R
                  ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
                  ゲイン400 Hα、O靴修譴召賚出7分をAOO合成
                  PHDでオートガイド

                   

                  夜半を過ぎると冬の星座は西の空に傾き、夜空はすっかり春の星座です。午前3時ごろにはオメガ星団も南中します。双眼鏡で見ると大きな星団が海上に見えます。

                   

                  オメガ星団

                  スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R
                  ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
                  ゲイン300 露出2分を8枚加算平均合成
                  PHDでオートガイド

                   

                  また、この日の目的はサイトロンジャパンのQuadbandフィルターを暗い空で使用してみることでした。
                  このフィルターをご購入いただいたお客様とのお話の中で、RGB(IR改造デジイチ)では写りにくい星雲が撮りやすくなるのではないかとの話題が出ましたので実験することにしました。
                  撮影対象はおうし座の超新星残骸SH2-240です。この対象はRGBではなかなかうまく撮れないため、以前よりHαフィルターでの撮影コマを合成して仕上げていました。
                  サイトロンのQuadbandフィルターは赤外光のHα、S兇伐鳥觚のうちのO掘Hβのバンドのみを透過しますので、わざわざHαを後から別撮りする必要がありません。やはり結果は良好でした。


                  *撮影データや大きい画像は前回の日記を参照ください。

                   

                  ただし、可視光の大部分をカットしているため、星の色があまり出ません。基本的に星の色が出るように心がけて画像処理していますので、そこは不満になりますが、写りにくい対象を撮影するにはとても便利なフィルターです。

                  午前3時を過ぎて夏の星座が見え始めた頃には木星も昇って、ムーンリバーならぬジュピターリバーが海面にできていました。最後に岩本彗星を見たかったのですが、時間切れにて断念。またの楽しみにしようと思います。

                   

                  2019.01.17 Thursday

                  1月13日、志摩へ遠征しました。

                  0

                    1月13日、お客様より同行のお誘いをいただきましたので、‪三重県志摩地方へ遠征しました。
                    朝からいい天気で空の透明度もよく、道中の伊勢自動車道の先にカノープスがよく見えていました。
                    到着すると気温1度で風がありましたので、少し寒く感じましたがマイナス気温よりましです。この時期全く山に行かなくなった軟弱者です。



                    双眼鏡でウィルタネン彗星がよく見えていましたので、お客様の望遠鏡で見せていただくと、2つの星の下にあってまるで顔のように見えていました。その他にも子持ち銀河や回転花火銀河、黒目銀河やM13球状星団などを見せていただき、春の系外銀河を堪能しました。
                    まだ西の空には冬の星座がありましたので、今季一度も撮影していないオリオン座を撮影しました。

                    オリオン座の星雲(クリックで大きい画像が開きます)

                    ビクセンFL55SS-SXP
                    CANON EOS6D-GCBF
                    ISO2000 露出6分x8枚加算平均合成
                    スターブック恒星時追尾(ノーガイド)

                     

                    当店のIR改造デジタル一眼レフカメラはよく写るとお客様から高評価をいただいております。
                    ここに掲載の写真は試作機によるものですが、現在販売しているGCSF改造の方が色ズレもなくよく写ります。
                    その後もFL55SSとフルサイズデジイチでの広い写野を生かして撮影してみました。

                     

                    いっかくじゅう座の星雲(クリックで大きい画像が開きます)

                     

                    おとめ座銀河団(クリックで大きい画像が開きます)

                     

                    今回写真が縦位置構図になっているのはFL55SSの欠点のためです。
                    ピントノブがアリガタプレートより下にあるため、赤道儀によってはアリ溝ホルダーや止めネジに干渉してバランスのいいポジションで赤道儀に積載できません。今回持っていった赤道儀ではどうにも積載できなかったため、アリガタレールの取り付け位置を変更して積載しましたが、今度は直焦ワイドアダプター60DXのネジ干渉してしまいました。現場ではどうしようもないため出来る範囲での撮影となりました。よく写る鏡筒ですので、ピントノブがアリガタレールより上になるようにメーカーへ改善要求をしておりますが、事前にしっかりと機材をチェックして遠征しないといけませんね。

                    その後、下の写真のようにアリガタレールと鏡筒の間にスペーサーを入れて使いやすく改良しました。

                     

                     

                    夜半を過ぎると空はすっかり春の星座です。朝まで快晴の星空の下、系外銀河を見て、撮影して楽しみました。


                    M64 黒目銀河

                     

                    M63 ひまわり銀河

                    スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R
                    ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
                    ゲイン300 露出7分x8枚加算平均合成
                    PHDにてオートガイド

                    続きを読む >>
                    2019.01.13 Sunday

                    1月9日、今年初遠征に行きました。

                    0

                      1月9日、朝まで快晴の予報でしたので、お客さまと一緒に三重県志摩地方へ今年初の遠征をしました。

                       

                      ちょっと風がある予報でしたが、到着すると無風で快晴の星空が広がっていました。

                      機材を設置して撮影を始めると、突然薄雲が広がってきましたが、雲はすぐになくなり、その後は朝まで快晴の星空を堪能できました。

                       

                       

                      前回試し撮りしたミルクポット星雲(SH2-308)を一晩かけて撮影しました。

                      この星雲はおおいぬ座のO星の周りに広がる淡い星雲ですが、30cm以上のドブソニアンでUHCフィルターを使用して低倍率で観察すると見えると言われています。まだ眼視したことはないのでいつか見てみたいと思います。

                      今回はほぼ昇ってから沈むまでぐらいの時間をかけて撮影しましたが、まだ全然露出が足りないようです。通常のRGBも撮影してあるので、再度時間をかけて画像処理をしてみたいと思います。

                       

                      SH2-308

                      スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R赤道儀

                      CANON EOS6D-GCBF

                      バーダーMPCCコマコレクター使用

                      ISO4000 露出10分 アストロノミックO(12nm)フィルター使用x8枚+ISO25600 露出10分 アストロノミックHα(6nm)フィルター使用x8枚をAOO合成

                      PHDにてオートガイド

                       

                      午前1時を過ぎると東の空はすっかり春の星座です。最後に春の銀河を撮影して撤収しました。

                       

                      おとめ座銀河団(クリックで大きい画像が開きます)

                      ビクセン FL55SS-SXP レデューサー使用

                      ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)

                      ゲイン300 露出360秒

                      スターブック恒星時追尾(ノーガイド)

                       

                      M100(クリックで大きい画像が開きます)

                      スカイウォッチャーBKP200/800-EQ6R赤道儀

                      CANON EOS KISS X7i-GCL

                      バーダーMPCCコマコレクター、IDAS HEUIB2MFAフィルター使用

                      ISO1600 露出5分x8枚加算平均合成

                      PHDにてオートガイド

                      続きを読む >>
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM