2018.10.13 Saturday

翌日も茶臼山へ遠征しました。

0

    前日に引き続き良い天気でしたので二夜連続で茶臼山へ遠征しました。

    夕方から天気予報が変わり、雨や曇りの予報があったのと前夜の疲れが抜けず、0時ごろの到着と遅い出発にしました。現地に到着すると前夜同様とてもいい星空が広がっていて雨や雲の気配は全くありませんでした。やはりもっと早く来るべきだったと後悔。満天の星空の下では疲れも吹き飛びます。また、前夜のすごかった人出とは打って変わって誰もいませんでした。

     

     

    この日の目的はジャコビニ・ツィナー彗星とカモメ星雲の接近の撮影でしたが、それ以外にもケンコー・トキナー社からお預かりした光害カットフィルターの試用と前日ガイドが乱れたSXP2赤道儀の再検証も目的でした。光害カットフィルターはメーカーの意図がまだ分かっていないためコメントができません。分かり次第またレビューしたいと思います。

     

    SXP2赤道儀とカーボン三脚は前日ガイドが乱れる原因がなんとなく極軸合わせにあったような気がしましたので、時間をかけてじっくりと合わせてみました。SXP2赤道儀に付属のPFL極軸望遠鏡は3つの星をスケール上に合わせる仕様になっていて、3つの星の位置がピタッと合わば極軸が3分角以内に据え付けられます。

    ところが極軸合わせを始めて見ると、この3つ目の星、こぐま座δ星がスケールに隠されて見えません。赤道儀を少し動かすとスケールから出てきて見えるので、このδ星とケフェウスの51番星がスケールに消されることなく両方を所定の位置に収めることができれば極軸がピタッと合います。ところがこの両スケールに消されることなくぴったりと合わせるのがかなり大変で極軸望遠鏡の周辺湾曲でδ星があまり良く見えません。むしろ横にある24番星のほうが極軸に近く明るく見えるためこちらを使ってほしいと思うぐらいです。

    今まで使用しているSXP・PFL赤道儀の方はなぜかδ星が良く見え設置にあまり苦労しませんでしたので、個体差とも思えますが、ラフに見えてしまうのも問題がある気がします。この極軸望遠鏡は是非メーカーに改善してもらいたいところです。もっとも今となってはポールマスターを使用すれば済むことなのかもしれません。

    ということで、しっかりと極軸を合わせたSXP2赤道儀とASG-CB90カーボン三脚の組み合わせとR200SS鏡筒での撮影には問題がないことが分かりました。

     

    モンキー星雲(NGC2174)

    SXP2-R200SS コレクターPH使用(F3.8)

    EOS6D-GCSF

    ISO2000 露出7分を8枚加算平均合成

    PHDにてオートガイド

    ケンコーLPR TYPE2フィルター使用

     

    まだ彗星が昇ってくるまでに時間がありましたので洞窟星雲を撮影してみました。

    洞窟星雲はカルドウェルカタログでは9番がついていて、SYNSCANコントローラーなどでは割と簡単に導入できますが、スターブックTENでは座標を調べて導入するしかありません。スターブックも是非カルドウェルカタログを装備してほしいものです。

     

    洞窟星雲(SH2-155)

    スカイウォッチャーBKP200/800

    ZWO ASI-1600MC-COOL(-28℃)

    ゲイン300 露出7分を8枚加算平均合成

    PHDにてオートガイド

    ケンコーLPR TYPE2フィルター使用

     

    午前2時半を過ぎるとおおいぬ座がすっかり昇っています。

    鏡筒を載せ換えてこの日のメインの彗星撮影です。先月から星雲や星団との接近を楽しませてくれましたがそろそろ見収めです。この彗星がもたらす「りゅう座流星群」も前日ほどではありませんでしたがよく流れていました。

     

    メシエ50&21Pジャコビニ・ツィナー彗星&かもめ星雲(IC2177)

    ペンタックス 75EDHFII鏡筒

    SXP2赤道儀

    EOS6D-GCSF

    ISO6400 露出2分を8枚加算合成

    PHDにてオートガイド(恒星)

     

    早めに撤収する予定でしたが、片付け終わる頃には既にカノープスが南中。前日同様とてもよく見えていました。

    とても良い天気の二日間でした。

     

     

    続きを読む >>
    2018.07.29 Sunday

    2018年7月18日 ひるがの高原

    0

      7月18日、午前中から良い天気でお客様より遠征のお誘いをいただきましたので、一緒にひるがの高原へ遠征しました。

      日没から快晴で、月齢5の月が西の空にありましたが天の川と夏の星座、星雲星団を十分に堪能できました。

      23時前の月没後からはとても濃い天の川やアンドロメダ銀河等を楽しめ、撮影も開始しました。

       

      網状星雲

       

      わし星雲とはくちょう星雲(クリックで大きい画像が開きます)

       

      上記

      ビクセンVSD100F3.8-SXP
      レデューサー使用(F3)
      キャノンEOS6D-GCBF
      ISO2000 露出3分x12枚加算平均合成

       

      午前1時頃から雲が多くなりだし、その後はすっかり曇ってしましました。

      偶然にも当店のお客様が近くで撮影されていましたので、しばらくお話してお開きとなりました。

       

      IC5146繭星雲

      スカイウォッチャーBKP200/800−EQ6R
      バーダーMPCCコマコレクター使用
      ZWO ASI1600MC-COOL
      ゲイン300 露出600分x6枚加算平均合成

      続きを読む >>
      2018.06.25 Monday

      ひるがの高原へ遠征しました

      0

        6月13日、前日に引き続き梅雨の晴れ間予報でしたので、ひるがの高原へ遠征しました。
        途中少し雲の通過はあったもののおおむね薄明まで快晴の空で、満天の星空と微光星が広がる天の川を堪能できました。6月とはいえ、標高が1000mを超える場所で、常にそよ風があり、気温も撤収時には9度と一桁。あまり防寒着を準備していなかったので、結構寒さを感じました。

        干潟星雲と三裂星雲

        ビクセン R200SS-SXP赤道儀
        キャノン EOS6D-GCBF
        ISO2500 露出7分を8枚加算平均合成
        コレクターPH、光害カットフィルター使用
        PHDガイディングでオートガイド

        NGC4592 青い馬星雲 

         

        網状星雲(クリックで大きい写真が開きます)

        ペンタックス 75EDHFII鏡筒
        スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
        キャノン EOS6D-GCBF
        ISO1600 露出7分x8枚を加算平均合成
        光害カットフィルター使用
        PHDガイディングでオートガイド

        網状星雲(クリックで大きい写真が開きます)

        ペンタックス 75EDHFII鏡筒
        スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
        キャノン EOS KISS X7i-CGL
        ISO1600 露出7分x8枚を加算平均合成
        光害カットフィルター使用
        PHDガイディングでオートガイド

        続きを読む >>
        2018.06.23 Saturday

        茶臼山に遠征しました

        0

          6月12日、天気が良さそうでしたので茶臼山に遠征しました。
          この日は晴れ予報で風もない予報でしたが、常に強い風が吹いていて6月とは思えないほどの寒さ。それでも平日にもかかわらず5〜6名が既に機材を立てていました。さすが皆さん天気に抜け目がないと思いながら撮影を開始するとすぐにモクモクと雲が流れてきてあっという間にベタ曇りに。高嶺山が霧で使えなかったので逃れてきたという隣の方もすぐに撤収される始末。あきらて私も帰ることにしました。

          帰り道に稲武で空を見上げると少し星が見えていましたので、旭高原へ寄ってみることにしました。旭高原は茶臼山と違って全く風がなく暖かく、雲も所々しかありませんでしたので、セッティングを開始するとすぐに雲が消え、薄明まで快晴の星空を楽しむことができました。

          この日は新発売のスカイウォッチャーEQM35proの試用も目的でした。こちらは次回の日記でレビューします。

          M17白鳥星雲

           

          NGC6960魔女のほうき星雲

          ビクセンR200SS-SXP
          キャノン EOS KISS X7i-GCL
          ISO1600 光害カットフィルター使用
          露出分7x8枚を加算平均合成
          PHDガイディングでオートガイド

          2018.05.18 Friday

          茶臼山に遠征しました

          0

            5月14日、天気が良さそうでしたので茶臼山に遠征しました。
            今の時期は午前3時過ぎには薄明が来るためあまり時間がありません。出発が遅れましたので到着が30分近い旭高原にしようかと思いましたが茶臼山まで向かうことにしました。
            ふもとに到着するとトンネル工事中のため迂回してくれとのこと。さらに30分は到着が遅れます。
            結局午前0時前に目的地に到着したところ、平日にもかかわらず11台もの車があり、当店のお客様も確認できただけで4名いらっしゃいました。
            みなさん翌日お仕事なのに精力的です。

             

             

            撮影を始めた頃に20分ほど雲の通過がありましたが、それ以降は朝まで雲一つない空が続き夏の天の川や流れ星を堪能できました。

            M16わし星雲とM17白鳥星雲

            ペンタックス 75EDHFII鏡筒
            ビクセン SXP赤道儀
            キャノン EOS6D-GCBF
            ISO3200 光害カットフィルター使用
            PHDガイディングでオートガイド
            露出分6x8枚を加算平均合成

            前日の雨と当日の風ですっきりした空を期待したのですが、やはり少し霞んでいたようで淡い青い馬星雲は写りませんでした。
            短い夜のため、すぐに薄明が来て途中で撮影を中断して撤収となりました。

            NGC6357 彼岸花星雲

            露出7分x6枚を加算平均合成

            M17 白鳥星雲(オメガ星雲)

            露出7分x2枚を加算平均合成

            上記全て
            スカイウォッチャー BKP200/800鏡筒 -EQ6R赤道儀
            ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
            ゲイン300
            PHDガイディングでオートガイド

             

            2018.04.24 Tuesday

            旭高原へ遠征しました

            0

              4月20日、お客様と一緒に旭高原へ遠征しました。
              この日はもう一人女性のお客様とも午前0時ごろに合流する予定でした。

               

               

              撮影を始めてしばらくすると若い女性4人がやってきました。
              一緒にいたお客様がすぐに声をかけて撮影を中断して木星を見せていたので、観望会でも始めるのかと思いきや、後で合流するもう一人のお客様と勘違いしたようでした。私も2本目の撮影機材をまだ出していなかったし、せっかくなのでしばらく星空案内をすることにしました。
              ところが眼視用の機材が全くありません。接眼レンズも導入と対象確認用ぐらいしかありません。ガイド鏡に使っている8cm屈折望遠鏡でリング星雲、アレイ星雲、M13球状星団、アルビレオ、土星を見てもらいましたが、満天の星空に小口径66倍では迫力にかけます。しかも春霞で今ひとつよく見えません。なんとか土星の輪を見ていただいたところで、双眼鏡と銀マットをお貸ししたところかなり気に入ったようで、皆さん寝転んで天の川の星々を楽しんでいました。

              NGC6217 こぐま座の銀河(クリックで大きい写真が開きます)

              露出7分x8枚を加算平均合成

              NGC6888 三日月星雲(クリックで大きい写真が開きます)

              露出7分x8枚を加算平均合成

              M27 アレイ星雲(クリックで大きい写真が開きます)

              露出7分x2枚を加算平均合成

              上記全て
              スカイウォッチャー BKP200/800鏡筒 -EQ6R赤道儀
              ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
              ゲイン300
              PHDガイディングでオートガイド

              午前2時ごろから急に空が良くなり、天の川もとても良く見えるようになってきましたので、お客様の20cmカセグレンで観望させていただきました。球状星団やアレイ星雲が大迫力です。土星も高度が上がって輪の隙間や本体の模様も見えましたが、衛星が2つしか見えませんでしたのでやはりちょっと霞んでいたようです。午前3時にはすっかり夏の夜空となり東の空には秋の星座が昇り始めていました。午前4時前には少し空が明るくなりましたので、日の出がとても早くなってきました。

              B74 S字暗黒帯

              露出7分x8枚を加算平均合成

              M8 干潟星雲、猫の手星雲〜M20三裂星雲

              露出7分x5枚を加算平均合成

              ペンタックス 75EDHFII鏡筒
              ビクセン SXP赤道儀
              キャノン EOS6D-GCBF
              ISO1600 光害カットフィルター使用
              PHDガイディングでオートガイド

              続きを読む >>
              2018.03.27 Tuesday

              ビクセンスタッフと一緒に志摩へ遠征しました

              0

                3月22日、ビクセンスタッフと一緒に志摩へ遠征しました。
                行く途中三重県北部〜中部は大雨。南部は晴れていることを願って進みました。
                観測地に到着すると雨でチリや花粉が落ちたのか快晴のうえにとてもいい星空が広がっていました。

                 

                 

                この日もAXJ赤道儀にVC200Lを積載して春銀河を撮影して楽しみました。
                撮影を始めてしばらくすると、オートガイダー用のパソコンの電源が落ちていることに気がつきました。
                ところが露出が終わって表示される画像が全くの点像。次の撮像も点像。これはもしかしてと思い露出を継続すると全く問題なく撮影できていました。
                AXJ赤道儀の性能を軽く見すぎていました。レデューサーが入っているとはいえVC200Lの焦点距離は1278mm。マイクロフォーサーズセンサーなのでフルサイズ換算では2556mmになるにもかかわらず、赤道儀任せの追尾で全く星像が流れることなく撮影できます。これならガイド鏡もパソコンも必要なく、かなり機材と作業を簡素化できます。価格は高いですがこの性能なら納得です。

                NGC5128 電波銀河

                露出8分x8枚を加算平均合成

                M63 ひまわり銀河(クリックで大きい写真が開きます)

                露出8分x6枚を加算平均合成

                ビクセン VC200L-AXJ赤道儀
                ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
                ゲイン300
                ノータッチガイド

                M51 子持ち銀河(クリックで大きい写真が開きます)

                ビクセンR200SS-SXP
                コレクターPH使用
                キャノン EOS KISS X7i-GCL
                ISO1600 露出7分x8枚を加算平均合成
                Kenko LPR Type2光害カットフィルター使用
                PHDガイディングでオートガイド
                トリミングあり

                 

                 

                続きを読む >>
                2018.03.19 Monday

                熊野市まで遠征しました

                0

                  3月13日、少し時間が取れましたので三重県熊野市まで遠征しました。
                  名古屋からおおよそ200辧∧卞3時間かかりますのでなかなか閉店後からの出発では行くことができませんが、とても空が暗く星がたくさん見えるため星座の形が普段と違って見えるものもあるぐらいです。
                  西の方に那智勝浦の温泉街があるため、少々の光害はありますが天頂や海の上の南の空はとても星がよく見えます。この日は3月にしては気温が高く最低気温が10度を割らないぐらいでしたので、少々霞があってあまり抜けのいい空ではありませんでしたが、それでも海の上のオメガ星団や冬、夏両方の天の川を堪能することができました。

                   

                  ようやくAXJ赤道儀のバランスウエイトが用意できましたので、ちょっと重い鏡筒を載せて負荷をかけて撮影をしてみました。
                  ガイド鏡やカメラを取り付けたセレストロンC11をAXJ赤道儀に積載、合計13kgのウエイトでバランスさせました。オートガイドも良好でしたので、春銀河をいくつか撮ってみました。

                  M104ソンブレロ銀河

                   

                  NGC5218電波銀河

                   

                  NGC4395熊の足跡銀河

                  上記すべて
                  セレストロン C11(レデューサー使用)
                  ZWO ASI1600MC-COOL(-30℃)
                  ゲイン300 露出8分x8枚加算平均合成
                  ビクセンAXJ赤道儀
                  PHDガイディングでオートガイド

                   

                  マルカリアンチェーン 

                  ビクセン R200SS-SXP
                  コレクターPH使用
                  キャノン EOS6D-GCBF
                  ISO2000 露出7分x8枚を加算平均合成
                  PHDガイディングでオートガイド

                  この季節の明け方はすっかり夏の星空です。
                  定番の夏の対象も撮影してみました。

                  アンタレス付近の星雲 

                  ペンタックス75EDHF2(レデューサー使用)
                  ビクセンSXP赤道儀
                  キャノン EOS6D-GCBF
                  ISO2000 露出10分x8枚を加算平均合成
                  PHDガイディングでオートガイド

                  NGC6302バグ星雲

                  撮影データはセレストロンC11と同じ。

                   

                  2018.02.26 Monday

                  夕方ご来店のお客様と一緒に志摩へ遠征しました

                  0

                    2月23日、夕方ご来店のお客様と一緒に志摩へ遠征しました。
                    午前1時ごろまで半月のある日でしたので、月が沈むまで月あかりを利用した星景写真を撮って楽しみました。 

                     

                     

                     

                    この日も春銀河を撮影して楽しみました。
                    お客様はハイパースターを取り付けたセレストロンC11のファーストライトで、数秒で子持ち銀河が写ることに感動されていました。口径28cm F2にもなるととてもよく写ります。冷却CCDとの組み合わせは使い勝手もとてもいいです。

                    M51 子持ち銀河

                    露出7分x5枚を加算平均合成

                    M64 黒目銀河 

                    露出7分x8枚を加算平均合成

                    セレストロン C11(レデューサー使用)
                    ZWO ASI1600MC-COOL(-25℃)
                    ゲイン300
                    スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
                    PHDガイディングでオートガイド

                    AXJ赤道儀のバランスウエイトがギリギリで間に合いませんでしたので、今回もVC-200Lで撮影してみました。

                    M104 ソンブレロ銀河(クリックで大きい写真が開きます)

                    ビクセン VC200L-AXJ赤道儀
                    キャノン EOS KISS X7i-GCL
                    ISO1600 露出10分x8枚を加算平均合成
                    IDAS HEUIB2フィルター使用
                    PHDガイディングでオートガイド

                    続きを読む >>
                    2018.02.18 Sunday

                    志摩へ遠征しました

                    0

                      2月13日、よく晴れそうでしたので志摩へ遠征しました。
                      志摩にしては珍しく-4°の気温予想でしたが、風もなくそれほど寒さは感じませんでした。
                      このところ全く山に行かなくなった軟弱者です。
                      到着すると数名の方がいましたので挨拶に行くと、いつもの地元の方々と当店のお客様達でした。平日なのに皆さん精力的です。

                       

                       

                      この日の目的はビクセンの新型赤道儀AXJのインプレッションとサンプルの撮影でした。
                      22kgの積載能力を誇る赤道儀ですので、セレストロンC11との組み合わせで使用してみたかったのですが、付属のバランスウエイトでは全くバランスせず、軽量なVC200Lで使用してみました。VC200Lでもギリギリバランスする程度ですので、なぜもっと重いウエイトを付属品にしないのか疑問です。
                      VC200Lは小さくて明るい惑星状星雲の撮影にはとていいのですが、今はすっかり春銀河の夜空。銀河を撮影するにはF9の焦点距離は暗すぎます。久しぶりにレデューサーを入れて使用してみました。

                      AXJ赤道儀は追尾、ガイドの精度もよく価格だけのことはあるという印象です。また、赤道儀自体が思ったより軽量でEM-200、EQ6シリーズと同じぐらいの感覚です。経緯モーターが経緯体の下側にあるため、EQ6proより軽く感じて、移動用としてはとても機動力のある中型赤道儀だと思います。
                      スターブックTENは使い勝手がよくて対象を南中前から導入することもできるし、また南中を過ぎてもしっかりと追尾してくれました。久しぶりに長く使いたい赤道儀だと思いました。
                      一点難を指摘するとすれば、極軸望遠鏡が3星で合わせるタイプですが、北極星以外の2星があまりにも視野の周辺で、極軸望遠鏡の周辺湾曲で星が見えないのは改善しないといけないと思います。
                      照明をつけたり消したりして見ないとさっぱりわかりません。結構いい値段のする極軸望遠鏡ですので改善してほしいと思います。

                      NGC3115 スピンドル銀河(クリックで大きい写真が開きます)

                      ISO1600 露出7分x8枚を加算平均合成

                      触覚銀河(クリックで大きい写真が開きます)

                      ISO12800 露出10分x8枚を加算平均合成

                      最後に子持ち銀河を撮影してみましたが、画像を確認するとなぜかガイドエラーを起こしていました。
                      オートガイダーのグラフはしっかりと1秒角以内を表示していましたので疑問でしたが、撤収時にクランプが少し緩んでいることに気が付きました。
                      確かにクランプの強度にちょっと不安を感じましたが、やはりクランプの締め付けが少々甘いようです。
                      何とか使えそうな2枚を使用してステライメージのガイドエラー補正機能を使って仕上げてみましたが、かなりノイジーでSNの悪い写真になってしまいました。

                      M51 子持ち銀河

                      上記すべて
                      ビクセン VC200L-AXJ赤道儀
                      キャノン EOS KISS X7i-GCL
                      IDAS LPS-P2光害カットフィルター使用
                      PHDガイディングでオートガイド

                      春銀河の季節ですので、セレストロンC11鏡筒と冷却CCDで撮影したかったため、スカイウォッチャーEQ6R赤道儀と一緒に持っていきました。
                      さすがにまだジェット気流の影響を受ける季節、ガイド星が2秒角ぐらい平気で跳ねてしまいます。しかもどこかでセッティングをミスったのか、オートガイダーも暴れまくって結局まともに撮影できませんでした。
                      こちらも何とか使えそうな2枚とステライメージのガイドエラー補正機能を使用して無理やり仕上げてみました。
                      口径28cmにもなるとさすがによく写ります。次回はAXJ赤道儀との組み合わせでリベンジしたいと思います。

                      M51 子持ち銀河

                      セレストロン C11(レデューサー使用)
                      ZWO ASI1600MC-COOL(-20℃)
                      ゲイン300 露出10分
                      スカイウォッチャーEQ6R赤道儀
                      PHDガイディングでオートガイド
                      2コマを加算平均合成

                      今回AXJ赤道儀を初めて現場に持っていきましたので、トラブルに備えて20冏深佑睛夙で持っていきました。
                      ついつい撮影欲を出して設置したのですが、撮り始めたのが午前4時半頃になってしまい、
                      やはり薄明の影響を受けていたのか周辺減光がひどく、まともな写真に仕上げられませんでした。
                      トリミングしてなんとか仕上げてみましたがお手上げです。
                      3台も並べても全てが中途半端になってしまい、いいことはないと再確認した夜でした。

                      M84付近

                      スカイウォッチャーBKP200/800
                      ビクセンSXP赤道儀
                      EOS6D-GCBF
                      PHDガイディングでオートガイド

                      続きを読む >>